私の手帳は年(年度)で切り替えずになくなるまで使い続けると何度かお話しました。
モレスキンタイプの無地・罫線・方眼のみのノートを使うことで、細かいスケジュール管理ではなく書くスペースを限定せず、たくさん書くことは何ページにもわたって目一杯書く。
書かない日は全く書かないという方法を取っています。
それによって「書かない日の空欄」を気にせず手帳を使えています。
でもこの「どこに何を書いてもいい」スタイルだと、遡りたいときや探し物の時は少し困っていたんです。
この辺りに書いてるはず・・・と何ページもページをめくって探し当てていましたので、これはなんとかいい方法はないものかと探していましたら。
ありましたよ!

バレットジャーナル

今まで似たようなことは自分でもやっていました。
方眼ノートに好きなように線を引いて使い勝手のいいノートを目指していました。
でも毎月毎月枠線を引くことが面倒になって(また出た!)線引きを止めてみたり。

今までやっていたことと似ているけど、もっと簡単で便利な方法があることを知りました。バレットジャーナルです。



箇条書きで「過去を記録し、現在を整理し、将来を計画する」
私もチャレンジしてみることにしました。

INDEX(目次)

f:id:ROUTE53:20171118162112j:plain
まずノート先頭にINDEXを作成します。
この後作っていくページを記載するのでノート1冊でどのくらいの目次になるのか予想がつかないので、4ページ設定しました。

FUTURE LOG(フューチャーログ)

f:id:ROUTE53:20171118171922j:image
書き時は予定が発生したり、やることを思いついたときです。
将来の予定を書きます。
フューチャーログは見開き6か月でも2か月でもカレンダーを付けても付けなくてもぜーんぶ自分好みで作ります。
私はカレンダーを付けておきたかったので4か月にしました。
下にページを打ってINDEXに記入します。

MONTHLY TOP(マンスリートップ)

f:id:ROUTE53:20171118134707j:plain
別にあってもなくてもいいページです。
私は月ごとの切り替えとして作りました。
下にページを打ってINDEXに記入しますが当月に何ページ使うかわからないので、ページの記入は(4-〇)としておきます。

MONTHLY(マンスリーページ)

f:id:ROUTE53:20171118133945j:plain
日付は端に書いてもいいし、枠線でBoxにしてもいいし使いやすいものを探してください。
私は日付と曜日を挟んで左に自分の右に家族の予定を書くことにしました。
右のページにはタスクをどんどん書き込んでいきます。
やること・買うもの・予定、どんどん書きます。

DAILY(デイリーページ)

12月になったら書き出すのでまだ未作成です。
スペースを限定せず、先頭に日付を入れて記入していく予定です。
ミーティングのメモや絵をかいたりチケットの半券を貼ったり自由に。
繰り返し見る可能性のあるミーティングメモなどはINDEXに記入することで辿り着きやすくします。

やり残した予定

月末になったら当月のやり残しタスクをフューチャーログに書いて予定の見直しをし、来月のマンスリートップを作成します。
新たに発生したタスクと前月のやり残しタスクを追加して使用します。

記号

f:id:ROUTE53:20171118134113j:plain
タスクや予定を書いていくにあたって記号を決めておけば見やすいです。
移動させたタスクはどこに行ったのか、この項目は重要なのか。
自分がわかりやすい記号を決めておきましょう。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

Marie
1,512円(08/21 09:27時点)
発売日: 2017/10/13
Amazonの情報を掲載しています

インスタグラムやツイッターで検索するとすごーく手の込んだバレットジャーナルの使い方が出てきます。
見てて楽しいし素敵でつい真似したくなっちゃうんですけど、たぶん私はダメ!
毎月軽く線を引くこの程度で十分です。あまりに質素なのでマスキングテープでよく使うページだけ目印をつけました。

ジブン手帳でライフログをつける

思い付きで買うにはちょっとお高い手帳でしたが、ライフログをつけるためにジブン手帳を導入します。
こちらは現在の整理・将来の計画ではなく、
「過去の記録」に使用します。

ザックリ書くバレットジャーナルと対照的に細かくその日のログを残して生活リズムや習慣、時間の使い方を見直したいと思っています。
自分でもこのままじゃいかんなぁ・・・と思うほど適当に過ごしているので、自己管理が必要です。
予定でがんじがらめにしてしまうとあっぷあっぷしちゃうので、
ログを残すことで見直し改善していこうかと。

1年使い続ける自信はないんですが(笑)
24時間軸が欲しかったのと、それを方眼ノートに自分で作るのは細かすぎて疲れるのでジブン手帳が最適かなと判断しました。

まとめ

ノート2冊使いが慣れるまでは手間かもしれませんが、用途が違うのでしばらくうまく使えるように工夫してみます。
学生や会社勤めだと縛られてる時間があるので余暇を有効活用しようとするんですが、
私は仕事中も結構自分の用事が出来たり、幾らでも時間の都合がつくと思って、そのせいで後回しにして仕事が溜まるという悪循環なんで。
ジブン手帳の12月開始に合わせてバレットジャーナルを上手く活用していきたいと思います。