ブランド名   ジバンシィ
容量      15g
定価      5,000円(税別)
発売日     2017/8/4

遅ればせながら手にしました

発売が昨年の夏ということで、レビューには時遅しかもしれませんね(;’∀’)
マイリトルボックスさんの2018.1月ボックスに入っていたのが手にしたきっかけですが、
私にとって最後のボックスでなかなか良い商品に巡り合えました。
(最後の・・・っていうのは色々あってまた別の機会に書くかも!?)

ジバンシィのブラッシュ・レヴェラトゥールを使ってみました

こちらはクリーム状のチークです。
今までパウダータイプのチークしか使ったことがなかったので初体験にワクワク♡
容器はチューブになっていて、手のひらに少量出して指で頬にオンします。

黒い・・・(笑)
ノワール・レヴェラトゥールというだけあって黒いです。
クリーム状ということですが、ねっとりした感じはありません。
これを手のひらで軽く伸ばしてみると、チークっぽいピンクではなく紫になるんですね~。


これ、頬にオンしたらどんな感じになるんだろう。
パンクメイクになったらどうしようと思いつつ、少量づつ頬にのせてみます。

パウダーファンデーション使用なので、下地で整えたあとファンデーションの前にブラッシュ・レヴェラトゥールをのせます。
(リキッドファンデーションの場合はファンデーション→ブラッシュ・レヴェラトゥール→パウダーで使用します)
伸ばしてみるとサラリとしたテクスチャですぐパウダー状に変化!
肌なじみが良く、いつまでもクリーム状でベタベタしていることはありません。

この商品は人によって発色が変わるそうで、
一度少量を伸ばしただけでは私は発色を感じられず、再び少量伸ばしてパウダーファンデーションで仕上げました。
伸ばした直後は本当に色が分かりにくかったのですが、
仕上げをしている間にほんのり上気したようなピンク色に変化しました。
二度塗りしたら少し濃いかな~と思ったので薄く一度塗りで十分かもしれません。

ヨレも違和感もなし!

ファンデーションは他のブランドのものだったので、ブラッシュ・レヴェラトゥールとの相性がどうだろうと思っていましたが、
肌にのせるとパウダー状になるのでヨレることもなく、チークとの境目も違和感なくとっても自然です。
パウダーファンデーションの後にパウダーチークをブラシでのせると境目が気になることがあったんですが、
ブラッシュ・レヴェラトゥールだと元の肌に色づくのが先なので境目が自然になるんですね。

塗りすぎには注意

私は二度塗りしてみたので、そのあとファンデーションをのせていると少しだけモロモロとしたものが出ました。
ベタっというモロモロではなく指でサッと払うと取れる程度ですので、
一度塗りで塗り込むのではなくサッと伸ばすので十分ですね。

この商品はチューブから手や指にとって使用するんですが、発色も手触りもとても気持ちいいものなんです。
でもその塗った指が・・・すごくチークカラーに染まって洗っても取れません!

わかりにくいですけど、塗った指(一番上の指)だけピンクに染まってる( ´∀` )
一度目に塗った時にはこんな着色は気にならなかったので、やっぱり二度塗り&時間経過が良くなかったかな~

でも指で取れにくいということは頬も色落ちしにくいということでしょうか。
メイクから5時間くらい経過してもチークカラーはしっかり残っていました。
上からパウダーでお直ししてもチークカラーは残したままお直しできましたよ!

では逆にクレンジングで落ちるのか?
これは後ほど追記したいと思います。

おわりに

15gで5,000円の商品ですが、一度に使用する量がごく少量なのでコスパはいいと思います。
なくなったらリピート買いしたいなと思うほどですが、なかなかなくならないかも!(*´з`)
外出にメイクポーチにパウダーチークとブラシを入れてるより、このチューブをポンと入れてる方が楽ですね。