わたしのみち

おもうこと、ひびのことあれこれ




スポンサーリンク

赤煉瓦が印象的な「創作イタリアン丹治」でランチ

この記事をシェアする

f:id:ROUTE53:20180526173910j:plain
堺にある赤煉瓦が印象的な「創作イタリアン丹治」でランチしてきました。
久しぶりに集まった女4人で楽しい時間が過ごせるステキゆったり空間で大満足です。

「創作イタリアン丹tan治ji」


堺市街地にあるといっても駅からは離れているので車でないと行きづらいかなと思いますが、
幹線道路から少し入った静かな住宅地の一角にあります。

建物について

このレストランは120年前に建てられた赤煉瓦の洋館をリノベーションしたものだそうです。
この「丹治」さんに入る手前の角にも赤煉瓦の「藤本商店」さんがあり昆布・佃煮屋さんを営まれているのですが、建物自体はもともと同じ会社の所有だったようです。
赤煉瓦の建物は堺でも珍しいと思っていたのですが調べてみると堺は明治期煉瓦製造で栄えたそうで、大阪府で最初の民間煉瓦製造所であった丹治煉瓦製造所の事務所(現丹治)と倉庫(現藤本商店)が残っているとのことでした。

料理

ランチは4コースあります。

  • パスタセット(サラダ・パン・パスタ) 1200円
  • ランチセット(前菜・パン・パスタ・コーヒー) 1600円
  • ドルチェセット(前菜・パン・パスタ・デザート・コーヒー) 2000円
  • tanto(前菜・パン・パスタ・メインディッシュ・デザート・コーヒー) 2500円

今回は女子4人だし「絶対食べるよね!」ってことでドルチェセットにしました。
パスタ3種類とドルチェ4種類は月替わりです。どれも魅力的でかなり迷う(*´Д`)


*前菜*

「ホタルイカとオレンジのなんちゃら・鰹たたきのなんちゃら・チキンなんちゃら・玉ねぎのムース」
特に玉ねぎのムースがあっさりながらもふわっと口の中で香って美味しかったです


*パスタ*

「塩漬け豚バラ肉のグリルと筍のオイルソース」
塩漬けということでしっかり濃い目に感じましたがパスタはこれくらいの味付けが好みです。
食べ進めると底に結構オイルが溜まっているのですが嫌味でないオリーブオイルでした。


*ドルチェ*

「柑橘類のマチェドニアとジンジャーエール風味のジュレ カクテル仕立て」
ジュレを口に入れると少しシュワっと炭酸感が楽しめます。
みずみずしくて口の中をさっぱりさせてくれます。

おわりに

細い一方通行の路地を入って行くので初めての方は躊躇するかもしれませんが、角を曲がるとすぐに見えるので大丈夫。駐車場も7台用意されています。
食事はもちろん美味しかったし、サーブしてくれるタイミングもとてもよくて雰囲気共々素敵な気分で食事ができました。
テーブルとイスがそれぞれ違っていたりしてそれも楽しめるポイントです。
次に行くときは違うイスに座ってみたいな~。
localplace.jp




ARIGATO☆