美味しいコーヒーを淹れたいんです。
器具が揃えばということでもないでしょうし、高価ならということもないでしょう。
でもあった方がよりいい淹れ方に近づけます。

カリタ ステンレス細口ポット0.7ℓ

ドリップの際にいかに細くお湯を注ぐか。
電気ポットからダイレクトではどば~~~!!!っと出てしまうので、陶器のティーポットを代用していました。
いくら湯量の調整に気を付けて慣れても、それでも専用ポットの細口には敵わない。

ポットは色々ありますね。
カラフルなもの、安価なもの、家庭用には高価すぎるもの。
そんな中でカリタを選んだのは、以前コーヒーセミナーで使ったことがあるから。
湯量の細さを知っているから。
価格もこの0.7ℓサイズで3500円~4300円位で送料別だったり込だったり。
どこで買うのが一番お得かで探しました。

カリタ ステンレス製細口ポット 0.7L #52055

カリタ ステンレス製細口ポット 0.7L #52055

3,600円(09/19 00:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

届いて見た第一感想「あれ?結構小さい・・・」
我が家では一度に2~3杯しか入れないので0.7ℓで十分なのですが、実物見ると小さいなぁ。
でも容量は当然0.7ℓで変わりません。
コンパクトで場所をとらなくて良かったです。

カリタ イージーカットミル

コーヒー豆は焙煎して2~3日後のものが一番美味しく淹れやすいと聞きました。
今まではお店で豆を挽いてもらって粉で保存してたのですが、やはり淹れる直前にミルで挽くのが一番美味しいそうです。
これはすごく迷いました。
一言で豆を挽くと言っても、ドリップ・フレンチなど淹れ方によって挽き方も違います。
自分で上手く挽けるのか・・・

手動で挽く粉のサイズを調整できるポーレックスのミルが欲しかったんです。

ポーレックス コーヒーミル

ポーレックス コーヒーミル

6,264円(09/19 07:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

しかし、1日2~3回、2~3杯分の豆を挽くのって、結構手間!?
いやいや、そこを手間と言ってはいけませんね💦
ゴリゴリ挽くのも美味しいコーヒーを淹れるための大切な時間。
でも・・・絶対そのうち嫌になる!!!
なので電動を選びました。
こちらも家庭用としては高価すぎるもの、大きすぎるものは躊躇するので、レビューでは賛否ありますがお安いタイプを(笑) 2500円前後です。
Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45

Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45

2,071円(09/19 07:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

ところでサイズ!でかいのよ!!ポットよりでかいのよ!!!
びっくりした~!片手で挽けるとの宣伝文句だったのですが、ムリムリムリ!!!

このミルは挽く粒のサイズは稼働時間で決まります。
しばらく手こずりそうですが、繰り返して慣れたいと思います。
どうやらフリフリしながら挽くと粒の大きさを均一にしやすいようなので、両手でシェイカーのようにフリフリしながら楽しく挽きたいと思います(笑)

おわりに

あとは肝心の豆を買わなきゃ(笑)
いつものお店は定休日が多い(週3日休んでる!)ので、天気のいい日にのんびり買いに行こうかな~